屋外型トランクと屋内型トランクの違いとは

shunnaaa

トランクルームには屋外型と屋内型があります。もちろんメリット・デメリットもありますので、そこをチェックして、ご自身にある方を選んでみてください。火災、盗難、セキュリティ面やコストパフォーマンスなど比較する要素は満載です。

屋外型トランクと屋内型トランクの違いとは

そもそもトランクルーム屋外型と屋内型が存在するのはなぜ?と調べる方もいるかと思います。理由は簡単で「土地のある無し」です。
屋外型は空き地を利用し、コンテナを置きそれをトランクルーム(収納スペース)として部屋を区切り収納スペースを貸し出しています。場所によっては、2階建てになっていたりします。

land_img_01
引用:ハローストレージ

屋内型はビルインタイプで、ビルのワンフロアを収納スペースとしていたり、アパートなどを改築して全体を収納スペースとして貸し出すことがあります。フロア内を工事しパーティションで区切りその一角をレンタル貸出するのです。

qurazaa
引用:キュラーズ

屋外型トランクルームのメリット・デメリット

メリットは

  • 24時間出し入れ自由
  • 価格帯が安い
  • 様々な場所に設置されている

デメリットは

  • 防犯が少し不安
  • 湿度など気候要因を気にする必要がある
  • 預ける時に雨が降っていると濡れる

いくつかデメリットも上がりますが、季節ものを保管するには最適なのが費用的に考えて屋外型です。例えば、冬に使ったストーブ、スノボ、夏物のサーフィンやキャンプ用品などかさばり、そして外で利用するものなので結構汚れていると思います。季節の初めと終わりにしか利用しないものはこのような形で預けておくと便利です。屋外なので、雨による湿気や埃、衣料の虫食いなどを気にされるようであれば保管する前にクリーニングに出しておくことをおすすめします。そして、防虫アイテムなどをコンテナ内においておくと良いでしょう。

屋内型トランクルームのメリット・デメリット

メリットは

  • 高セキュリティな場合が多い
  • 空調設備が整っている
  • キレイに利用されていることが多い
  • 預ける時に天候に左右されない
  • 24時間出し入れ自由(場所によります)

デメリットは

  • 料金が屋外型に比べ若干高め
  • 利用できる場所(エリア)が限られている
  • ビルドインが多い為、広いスペースがない場合もある

屋内型は商業施設やオフィス向けビルの一室やフロアを解放して、収納スペースにしています。ですので、そもそもの家賃を分割してスーペース貸ししているの若干家賃が高めです。しかし、ビルドインのためセキュリティや空調管理がしっかりしているのが特長です。大切な文書や機材を保管するには最適です。企業や事業所の近くにある時は、多くなってしまった書類を一時保管する場所としても利用されております。もちろん屋外型と同じように季節もの道具や衣料でもかまいません。利用者の自由になります。

どっちを借りるべきなの?

屋外型と屋内型を借りる時に「どっちを借りればいいの?」と悩む方も多いにいらっしゃいます。
この課題をクリアすべき押させて欲しいチェックポイントとしては、「何の荷物を預けておくか」です。

とにかく荷物を置きたいのであれば屋外型のコンテナ型トランクルームでも構わないと思っています。ハローストレージであれば、全国に展開しておりますので、比較的簡単に利用する場所が見つかると思います。文書や湿気を気にする物品であれば屋内型をお勧めします。屋外型であれば、他にもスペースプラスライゼ・ボックス押入れ産業など検索するとたくさんヒットします。

屋内型であればキュラーズをチェックしてみてください。ビルを1棟を購入してしまい、トランクルーム特化型にしています。費用は若干たかめではありますが、コンシェルジ常駐、最新の空調管理など設備等は充実しているので、オススメです。(数を多く確保すれば利用者へ比較的安く提供できるというシステムです。)もちろんハローストレージでも屋内型を用意しておりますので、近場にあるかチェックしてみてください。