レジャー・スポーツ収納術

しっかり保管して長持ちさせることで節約可能

レジャー用品やスポーツ用品は一式揃えるとなると結構高額になりますが、一度揃えると何年も使う事ができます。ただし、それは保管状態が良ければの話で、適当に収納しているとすぐに買い替えなくてはならないほど劣化してしまう事があります。
例えば、レジャー用品なんてどうせ外で使うものだからと、物置に入れっぱなしなんてことはありませんか?
そこで、レジャーの中でも人気の高いキャンプ用品の保管方法や、冬しか使わないスキー・スーボードの保管方法をご紹介します。
保管する際に注意しなくてはならないポイントや、保管に適した場所など、結構モノによっては収納しておくのに適した場所が違ってきます。
でも、ここを抑えておくことで高額なレジャー用品やスポーツ用品を長持ちさせることができて、節約にと繋がっていきます。

キャンプ用品をきれいに保管するポイント

キャンプ用品は、日常的に使うわけではないのに結構収納スペースが取られるので、置き場所に苦労されている方も多いのではないでしょうか。
恐らく一番多いのは、外の物置に入れておくというパターンが考えられますが、テントや寝袋などは湿気による劣化が起こりやすいので、室内で保管することが適しています。
さらに、キャンプ用品は外で使うものであり、汚れをそのままにしておく事でも劣化を早める原因となります。
汚れなどはなるべく早く落として、きちんと乾燥させてから収納することがポイントとなります。
特に海でのキャンプでは、潮風に当たっただけでも錆の発生の原因となるので、真水で洗って乾燥させるのは必須です。
布製のものに関しては、湿気と紫外線に注意して保管すると良いでしょう。

スキー・スノーボード用品を保管するポイント

スキーやスノボーは、意外と何もしないで保管してシーズン前に手入れをする人も多いのでは無いでしょうか。まだ行く機会があると思っていたら、結局行かずに終わりそのまま収納していたというパターンが多いようですが、これではせっかく買ってもすぐに劣化してしまいます。
スキーやスノボーの正しい保管の仕方は、まず、滑走面(ソール)の汚れを綺麗に落とす事から始めます。
水洗いをした後に、ホームセンターなどで売っている専用のクリーナーなどを使ってしっかり汚れを落とします。
意外と油汚れなどが付着しているので、ブラシなどを使うのもおすすめです。
汚れを落としてよく乾燥させた後は、専用のワックスを掛ければ完了ですが、錆止めなどもしておくと尚良いでしょう。
保管場所は、板が変形してしまう恐れのある高温や多湿の環境になるところは避けましょう。

バイクや車のタイヤの保管も可能なトランクルーム

自宅でレジャー・スポーツ用品を保管するスペースが無くて大変という人には、今、どんどん増えてきているトランクルームの利用もおすすめです。
トランクルームには色々な広さがあり、値段もそれぞれ違います。
収納できるものは、生き物やにおいのするものなど以外で一般的に物置やクローゼットに収納するものを入れることができるので、レジャー・スポーツ用品の収納ももちろんOKです。
また、オートバイや車のタイヤなども保管することができるので、家の周囲をすっきりと片付けることもできます。
湿度や温度が管理されているトランクルームもあるので、収納するものによってはその辺もチェックしてみると良いかもしれません。
良いものを長く使い続けるためには、保管する環境もとても大事になってきます。