オフィススッキリ収納術

1.キャビネットの整理整頓ポイント

仕事の忙しさにかまけて書類の整理をしていないと、ついついオフィスのデスク周辺がだらしない状態になってしまいますね。
掃除となると気合を入れなければなりませんが、また数日経つと元通りになっているという人も多いのではないでしょうか。
オフィス全体がそんな状態であるとすれば、仕事の効率も上がりませんね。
そこでオフィスを綺麗にするには、キャビネットの上手な活用が必須となります。
共同で使う場所だからこそ、きちんと収納できるスペースを作ることでオフィス全体の雰囲気も変わってきます。
キャビネットの整理整頓のポイントは、誰が見ても分かりやすいようにしておく事。
そして、キャビネットに入れておく書類は現在使っているもの、或いはまだ取り出す必要がある書類です。

2.段ボールの上手な使い方

現在使っていないけれど保管しておかなくてはならない書類はどうしたら良いでしょうか。
それは段ボール箱を活用すると良いのです。
分け方は年代別に分けるなど会社によって様々になるかと思いますが、まず段ボール箱はとても丈夫であるため、長期間の保管にも適しているアイテムだと言えます。
また、中に何が入っているのかも表面に直接、いくらでも書き込む事ができるのでどこに入っているのか分からなくなるといった心配がありません。
また、収納するにも便利で、積み重ねて置くことができるので収納場所も最小限に抑えることができます。
一定期間保管することで処分しても良い書類などは、簡単に処分することも利点として挙げられます。

3.社内ルールに沿って電子化をしよう

オフィスで一番多く使うものは何でしょう。
それは紙、書類です。
もしもその書類がオフィスから消えたらどうなるでしょう。
ものすごくスッキリとしたオフィスになる事は、間違いありませんね。
そこで、これはあくまで社内の規則に準じて行う事になりますが、書類を電子ファイルにして保存するという方法があります。
スキャナ機能を使ってPDF化したり、デジカメで写真にしてパソコンなどに取り込んだりと、方法は色々あります。
電子化することで、ただ保管しておくだけの書類などは大幅に減らすことができますし、いつでも必要な時にパソコンで見ることができ便利にもなります。
紛失や盗難などの心配も減り、セキュリティ面に関しても安心できるのではないでしょうか。

それでも書類が多いときはトランクルームを使おう!

トランクルームは、一般家庭の第二の物置やクローゼットとしても活用されていますが、オフィスで収納しきれなくなったものを保管するところとしても、色々な企業が活用しています。
屋内型のトランクルームなら湿度や温度管理もされていて、湿気に弱い書類などの保管にも適しています。
また、セキュリティ面でも充実しているトランクルームでは、24時間監視カメラが設置されていたり、コンシェルジュが常駐していたりと、オフィスに保管しておくよりも安全かもしれません。
いよいよ保管場所に困ったら、近隣のトランクルームを検討してみてはいかがでしょうか。
すっきりと綺麗に片付けられたデスクに、今まで壁際などに積み上げられていた書類をトランクルームに移すことでオフィスのスペースが広くなり、仕事の効率が上がるかもしれません。