トランクルームを荷物の一時保管場所として利用しよう

shottoaho

トンランクルームを利用する活用術として、一時的な保管で利用するユーザーも多いです。

  • 荷物預けるのであれば、結構長期間じゃない?
  • 季節ものを預けるのに使うという記事があるけど、そんな頻繁に出し入れしないのがトランクルームなのでしょ?

という疑問もありますよね。

使い方もちょっとしたことに気がつくと本当に一時的な保管で利用することが便利になるので、ご紹介したいと思います。

トランクルームを荷物の一時保管場所として利用しよう

自宅の個人的な場合とオフィス移転など法人利用で活用される事例を挙げておきます。

引越しや自宅関連の場合

  • 退去と入居のタイミングがずれた場合
  • 自宅の建て替えや大がかりなリフォーム
  • 新居に設置できない大型家具がある場合

オフィス移転の場合

  • 退去と入居のタイミングがずれた場合
  • オフィスが狭くなってしまった場合

トランクルームは預ける場所(首都圏は若干高め)、広さにより料金が変わります。しかし、空調管理やセキュリティがしっかりしておりますので、企業に預けているという安心できるメリットは大きいです。また、24時間いつでも出し入れが可能であったり、最短1ヶ月からの利用が可能であったりなど、わざわざ広いスペースをランニングで借りなくとも済む場合が多いのです。

荷物の一時保管に使いやすい2.5畳から家の建て替え時に家財道具を保管できる8畳くらいで利用されされることが多いです。場合によっては、クリーニング業者が衣類の保管サービスを行っているのと同じで、引越し業者が一時保管サービスを行っている場合もあります。トランクルームがあるかどうかはわかりかねますが、一時的に荷物を預けることが可能です。

一時保管のメリット・デメリット

もちろん一時保管にもメリット・デメリットがあります。

契約時には敷金や契約手数料なるものがかかる場合が殆どです。また、セキュリティの高いトランクルームの場合はカーフドキー利用料などが初めに徴収される場合もあります。それは返還されるかは運営企業によります。そうしますと、長期で借りた方はその初期費用を分散する意味では安くなるのです。1ヶ月単位で利用は可能ではありますが、長期で借りるより単月単位でみると割高になってしまうということを念頭に入れておいてください。しかし、どこかのオフィスを3畳分広く契約するだけでもランニングでかかっていくことを考えると短期間(2、3ヶ月)でも契約し、その間に整理整頓するというのが、一般的になってきております。

メリットは短期的な費用で済むためコスト的に優れている。デメリットは期間単価で初期費用や解約手数料が発生する企業であった場合、単価が高くなるです。運営企業により初期費用キャンペーンや解約手数料なしなどありますので、しっかり確認しましょう。

料金表示に記載されているのはあくまでも月額利用のみですので、他にかかる費用をチェックすることが大切です。