かしこい主婦の収納術

キッチンでの困りごと

キッチンで毎日お料理を作っていると、もうちょっとこれ、何とかならないかしらと考えてしまう事ってありますよね。

例えば増えすぎた食器がうまく棚に収まりきれなかったり、よく使うものなのに取り出しづらいところに収納していたり、気が付いたらダイニングにまでキッチン用品が散乱していたり。雑誌なんかに出ている収納の技も、読んではみるもののちょっと難しそうと感じてしまって、なかなか改善されないまま今日に至るという人も少なくないのではありませんか?

ところが、ちょっとした工夫で簡単にキッチンがスッキリ片付いてしまうんです。上手な収納のコツや、キッチン用品を効率よく使えるようになる収納術をご紹介します。今までのキッチンから見違えるように変わり、料理も楽しくなりますよ!

いるもの、いらないものの分け方

まず最初に、いるものといらないものを整理しましょう。(断捨離の効果で運気もアップする可能性大です。)
これは最終的に、「残しておくもの」と「捨てるもの」に分けるという事になりますので慎重になってしまいがちですが、実はとても簡単に分けることができるのです。

キッチンにある全てのものを床に並べます。
食器はもちろん、お鍋やフライパン、お玉やフライ返しなどの調理器具、調味料やレトルト食品など、まずは常温で保管しているものを並べます。
その中から、この1年以内に使っていないものは全て「いらないもの」としましょう。
さらに食品に関しても、恐らく消費期限が過ぎてしまっているものがあるはずです。
もちろんそれも「いらないもの」です。
どうですか?相当な量の「いらないもの」が出てきたのではないでしょうか。

間仕切りで整理整頓

例えばキッチンの引き出しに、どんどん物を入れてはいないでしょうか?
流しの上の棚の中など、とにかく物を適当に置いてはいませんか?
広いスペースは、どんな収納上手な人でも間仕切りを作らないと絶対に上手に収納できません。
収納好きな人ならば、ここは手の込んだ間仕切りを自分で考えて作ったりしますが、もっと簡単に間仕切りする方法があります。
それは100円ショップで売っている密閉容器やかごなどを利用して整理整頓をしたり、東急ハンズやホームセンターなどで売っているプラスチック段ボールを適当な大きさに切って作ったり。
意外と簡単にできて、しかも収納がとても楽になります。
ごちゃごちゃになることを防ぐことができるので、見た目がとてもスッキリします。

同じものは同じところに

最後に、収納をするにあたって基本的な事ですが、同じものは同じところに置くように心がけましょう。一番分かりやすいのは食器や調理器具ですね。
同じ種類のお皿は重ねて同じところに、フライパンやお鍋なども同じ仲間のところへ収納してあげると、見た目がとても整頓されているように見えます。
キッチンを使いやすく収納することも大事ですが、見た目が美しい状態というのが一番のポイントです。
出したらまた同じところへ戻す事で、いつまでも綺麗なキッチンで楽しくお料理することができます。
一度しっかり収納スペースを作っておくと、それが習慣となり常に綺麗な状態で維持していく事も出来るようになります。
難しいことは何もありませんので、是非、試してみてください。